浸水防止設備技術指針

JEAG4630-2020  

A4判   172頁

/upload/save_image/0803153224_6108e2f8d693b.jpg

  • 発売日 : 2021年08月05日
  • 購入数   :    
  • 販売価格 :¥ 16,500 円(税込)
  • 会員10%割引送料 全国一律600円(税込)
    ※配達日指定は承っておりません。

商品説明

制定:H28.5.31
改定:R2.6.6
本指針は、原子力事業者が、原子力発電所の設備の浸水防止に対応するにあたって、各事業者に共通の指針となるよう制定されたものです。
「原子力発電所耐津波設計技術規程(JEAC 4629-2014)」の「第4章 津波防護施設・浸水防止設備の耐津波設計」で規定される浸水防止設備のうち、水密扉並びに建屋躯体の配管貫通部及び電路貫通部の止水に係る設計、製作、工事及び点検を行うにあたり基本となる事項を示しています。
今回の改定では、浸水防止設備に水密ハッチ、止水版、浮体式フラップゲート、配管貫通部等に空調ダクトの貫通部を追加することに加えて、浸水の伝播を阻止する目的で設置される止水ダンパ及びドレン逆流防止弁を対象設備とするとともに、これらの浸水防止設備が津波防護のみならず、内部溢水防護にも用いられていることから、内部溢水事象も本指針において扱うこととしました。また、通水扉及び鋼製伸縮可とう継手に関する規定について、附属書にまとめました。