ここがポイント!内線規程Q&A2016内線規程対応版 第2版

  

A5判   200頁

/upload/save_image/1018105224_5bc7e758373e9.jpg

  • 発売日 : 2016年10月01日
  • 購入数   :    
  • 販売価格 :¥ 2,500 円(税別)
  • 会員10%割引送料 全国一律600円(税込)
    ※配達日指定は承っておりません。

商品説明

内線規程に寄せられた質問をQ&A形式でまとめ、実務に役立つ!
本書は、日本電気協会に寄せられた内線規程に関する質問の内、多く寄せられている質問を基に規定制定の背景や根拠も含め、Q&A形式でまとめ、規程の理解を深めていただくのに役立つ書籍です。
質問・回答はイラスト・回路図・表を多く採用し、見開き2頁~6頁程度で1問を完結させ、汎用的な内容から、規定内容の変遷など、規程の運用に役立つものを「61問」掲載しています。
【2016年版内線規程対応版の見直し点】
巻末付録に、内線規程(JEAC8001-2016)の改定概要と、主な改定条文のポイントを収録しています。
――ここがポイント!内線規程の掲載Q(抜粋)――
○ 内線規程とは?
○ なぜ、住宅の屋内電路の対地電圧は制限されているの?
○ 負荷の不平衡を制限する理由は?
○ 電圧降下の制限の考え方は?
○ なぜ接地線の共用が制限されているの?
○ 雷保護装置は引込口装置の負荷側に取り付けることとしているけどその理由は?
○ 住宅用分電盤を設置できない場所って?
○ 引込口から引込口装置までのこう長を8m以下としている理由は?
○ 漏電遮断器はいつから内線規程に取り入れられたか?
○ ケーブルと断熱材は接触してはいけないの?
○ ケーブルを管に収めて施設する場合、内線規程で適用される規定はなに?
○ 点滅器の施設上の留意事項は?
○ 重畳率って何?
○ 負荷の不平衡で、中性線に最大電流が流れる場合とは?
○ なぜ太陽光発電用の開閉器は末端に施設するの?